返済計画に合ったローン選び

金利の種類は、公庫融資と年金住宅融資が固定型。財形住宅融資は、5年間ごとに金利を見直す固定金利。自治体融資や銀行ローンは、変動金利と固定金利選択型が主流です。金利の低さや固定神話にまどわされることなく、自分の返済計画に合ったローンを選びましょう。ローンの返済方法には、「元利均等返済」と「元金均等返済」があります。元利均等返済は、原則として毎回の返済額がずっと一定のもの。住宅ローンといえば、この返済方法が一般的で、ほとんどのケースがコレ。毎回の返済額は一定ですが、中身の内訳は変わっていきます。当初は利息部分の割合が多く、返済が進むにつれ元金部分が多くなる仕組みです。この場合、元金がなかなか減ってくれないので、元金均等返済に比べ総返済額が大きくなってしまいます。対して、元金均等返済は、毎回の元金部分の返済額を一定にするというものです。元金が着実に減っていくため、それにかかる利息部分も減り、利息を含めた毎回の返済額は徐々に減少。同じ借入額では、当初の返済額は元利均等返済より多くなりますが、総返済額は少なくてすみます。現在のようなデフレ時代は、借金をどんどん返してしまったほうがトク。家計に余裕があれば、元金均等返済がおすすめです。ただし、金融機関によっては、元金均等返済を選べない場合もあります。選べる場合は、必ず両方の返済方法でシミュレーションしてもらってから、選択するといいでしょう。「ゆとり返済」とは、住宅金融公庫で採用している返済方法で、当初5年問の返済額が軽くなるという制度です。当初5年問の返済額を計算する際、実際の返済期問が25年でも35年でも、50年として計算します。しかし、6年目以降は本来の返済期間に基づいた計算方法になりますから、返済額はいきなりアップ。しかも、初めの5年間は元金をほとんど返していないため、6年目以降の返済額は、ゆとり返済を利用していない場合よりも増え、総返済額も多くなってしまうのです。これでは、逆に将来ゆとりがなくなってしまいます。ゆとり返済は、近い将来、所得が増えることが確実な人、また、子どもが独立するなどで生活費に余裕ができる人などに向いているとされていましたが、現在は昇給も終身一雇用もままならない時代。将来の収入が予測できない時代のゆとり返済は、人変危険です。返済不能となった人が大勢出現し、社会問題になったほどそのため公庫のゆとり返済は、2000年10月1日から廃止されることになりました。